東証銀行業やニュースキンなどの海外企業の株価

東証銀行業などの日本国内の銀行の株価は2015年までは値上がりが続いていましたが、2016年になると値下がりの状態が続いています。東証銀行業の株価が上昇した理由は、日銀の金融緩和によって、銀行業にとっては追い風の状態が続いていたからです。しかし、マイナス金利が導入されたことによって、2016年になると東証銀行業の株価は軒並み下落しています。
マイナス金利になると東証銀行業の株価が下落する理由は、日銀に預けている資金に対して利子の支払いが必要になるからです。マイナス金利が導入される前は、銀行は資金を日銀に預けておくと、日銀に預けている資金に対して日銀から利子が支払われていました。マイナス金利になると、日銀から利子を受け取れなくなり、逆に日銀に対して利子を支払うことが必要になります。
日銀は今後も金融緩和を一層進め、マイナス金利を維持すると予測されますので、東証銀行業の業績の不振は今後も継続すると予想されます。よって、東証銀行業に投資するのは時期尚早であり、他の会社の株式を購入することをお勧めします。
株式投資は日本国内の企業だけでなく、海外企業に対して投資をすることも可能です。ニュースキン・エンタープライズはアメリカの企業で、化粧品や栄養補助食品の製造販売をしている会社です。ニュースキンは日本での知名度が非常に高く、ニュースキンの化粧品や栄養補助食品の愛用者は世界中に存在します。化粧品や栄養補助食品は成長分野であり、特に健康食品の業界は今後のますますの成長が見込めます。ニュースキン・エンタープライズの株価は堅調に推移しており、投資をするには最適な銘柄です。アメリカ経済も堅調ですので、ニュースキン・エンタープライズの株式は、今後の値上がりが期待できます。

ページトップへ