モブキャストの株と不動産はどちらがリスクが高いか

モブキャストの株と不動産ではどちらがリスクが高いかというと、その人の資金力や投資の目的にもよるといえます。
モブキャストの株を買う場合、信用取引をするのでなければ最悪のリスクというのは投資した金額が0になってしまうだけです。
しかし、不動産の場合には買い手がつかないものであったり賃貸物件を運営する場合、入居者が埋まらないと負債になってしまうことになります。
不動産は税金がかかりますから、利益にならなければマイナスになってしまうのです。

これだけを見れば、損失が限定されているモブキャストの方が有利にも見えますが、不動産の場合には結局場所によりますから一等地に賃貸物件を所有することができれば、安定して利益を出すことができるのでそのような場所を手に入れることができれば、リスクは少ないといえます。
一方の、モブキャストというのは浮き沈みの大きいゲームを取り扱っている企業ですから、一度大きなヒットが出れば株価が十倍二十倍にもなる可能性を秘めている一方で、ヒットが出なければ鳴かず飛ばずで、株価も右肩下がりになりやすい銘柄となっています。

実際、期待によって買われた2013年の8月頃は株価も2500円ほどありましたが、2016年の2月頃には217円まで株価が低迷してわずか三年足らずの間で価値が10分の1にまで下がってしまったのです。
これから大きなヒットを期待して、最悪無くしてもいいという覚悟で投資をするのであれば、かなり買いやすい水準になってきていますが、確実性という面で見るとモブキャストはよく選んだ不動産投資よりも不利なものとなってしまいますので、どちらを選ぶかはリスクをよく理解した上で選ぶようにしましょう。

ページトップへ